FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

韓流ゆきんこ

Author:韓流ゆきんこ
母親が元祖韓国ドラマ「冬のソナタ」にはまるも、あまったるい恋愛に興味がもてなかった20代はまったくはまらず。

しかし、30代後半。
甘いトキメキが日常になく、テレビの前だけでキュンキュンする日々。

ドラマでよくやるおんぶやお姫様だっこ、後ろから抱きつくなどテレビでみた模様を自分に置き換え、妄想し、喜んでいるちょっとイタイゆきんこ夢子です。

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

僕の妻はスーパーウーマンの本当の主役

Category : ユン・サンヒョン
お昼の部「僕の妻はスーパーウーマン」見終わりました!
僕の妻はスーパーウーマン

このドラマでユン・サンヒョンがブレークしたと聞いていたから、ユン・サンヒョンが好きになるかと思いきや、やっぱりならなかった。

あのパーマが微妙だったからかな~。

しかも、タイトルだけみたら

ダメ夫を支え、さらに出世させる妻

の話かと思いきや、まあ、いい会社には勤められたけれども大出世をしたわけでもなし。

というわけで、主人公のキム・ナムジュには全く肩入れできず。

この作品で復活を果たしたということだけど、あの微妙なウェーブもちとおばちゃんくさい

ダメ夫役のオ・ジホはちょっと好感度アップ!

オ・ジホを最初に見た「チュノ」ではチャン・ヒョクのカッコよさでオ・ジホがまったくみえなかったんだけど、あら?笑うとかわいいじゃない!とかわいげ発見!


「ヨボ~」



と頼りなげでいうところがかわいかったわ~。

ちょっとファンタスティックカップルを見たくなりました。

そんなわけで主人公の二人についてはラブラブだろうと離れようとまったく肩入れができなかった。

このドラマのゆきんこ的真の主人公はなんといっても、ヤン・ボンスン

昔流行ったクリスチャンディオール18番も真っ青のショッキングピンクの口紅が強烈で目が釘付け。

嫌がらせをしつつも、最後は友人を思ったり・・・

このドラマで唯一キューーーンとしたのが、

ボンスンが手術して、病院に入院しているとき。

いつも感心が自分に向いていないと思っていた旦那さまが

「俺はそんなに頼りないのかよ!」

と言って抱きしめられたボンスンの涙にキューーン

最大の見どころでございました。

なもんで、ボンスンが嫌がらせしているところが面白かったのに、最後はいい人になって見どころがなくなり、最終回は昼の弁当食べながら流し見したゆきんこであります。

●昨日みた韓国関連TV●

天使の誘惑13話

マイ・プリンセス1話(お昼)

ソン・スンホンデビューーー!
スポンサーサイト